投稿日:

脱毛の副作用で気をつけたいこと

脱毛すると皮膚がダメージを受けているため、赤みやヒリヒリとする痛みが副作用として出ることが多いです。これは一週間程度で治るものですが、放置すると色素沈着を起こす危険性があります。皮膚の抵抗力が落ちており、紫外線の影響を受けやすくなっているので、日焼け止めなどで紫外線対策を行います。

また、皮膚が熱を持っているので冷やすようにし、乾燥しているので保湿も必要です。なお、あまりにも赤みや痛みが酷かったり、治りが遅い場合は火傷している可能性があるため、施術を受けたサロンやクリニックに申し出て対応してもらう必要があります。

光脱毛の副作用に硬毛化現象があります。毛が硬く、太くなってしまう現象であり、脱毛の際の熱量が足りなかったために毛母細胞を破壊できず、逆に活性化させてしまうことが原因です。これは産毛や細い毛など、十分に光を吸収できない毛の生えている部位で起きます。

そのまま施術を繰り返していれば再生しなくなることがありますが、より強い光に切り替えて処理を行うのも熱量が上がるので効果的です。しかし、色素沈着のある肌では出力を上げ過ぎると火傷する危険性があります。この場合、ニードル脱毛を利用すれば処理できます。